つぶやきの延長線上 second season

映画、アニメーション、音楽のこと

2020年新作映画ベスト

あまり映画見ていない年だったけど、一応恒例なので。

  1. ブルータル・ジャスティ
  2. Betty
  3. 逃げた女
  4. アンカット・ダイヤモンド
  5. フォードvsフェラーリ
  6. 呪われた心霊動画XXX NEO 05
  7. ジオラマボーイ・パノラマガール
  8. イップ・マン 完結
  9. mid90s
  10. レイニーデイ・イン・ニューヨーク

今年ほど時間感覚が狂った年も珍しいと思う。『フォードvsフェラーリってもう2年前に見たんじゃないかな? と思うほど、昔の映画に感じられるんですが、2020年1月公開作でした。ヘンリーフォード二世が「親父を乗せてあげたかった」と泣きながら吐露するシーンは、思わずグッとくるような名シーンだった。『アンカット・ダイヤモンド』を見るためにNetflixに加入したところまではよかったものの、退会したら毎日のようにメンヘラメールが届くのは、勘弁してもらいたい。ってのはどうでもいいとして、『アンカット・ダイヤモンド』はサフディ兄弟ベストではないだろうか。クズ野郎総決算、ダイヤモンドをめぐって行き当たりばったりの行動を見ているだけで楽しい。

映画祭はフィルメックスに行ってきてジャ・ジャンクーを見たけど、前作みたいなヤクザ映画ではなく可もなく不可もないようなドキュメンタリーだったのは残念。しかし、同時に見たホン・サンスの新作『逃げた女』はこのところのホン・サンスNo. 1では?

f:id:paranoid3333333:20201228181658j:plain

キムミニが夫との話をするときに「夫とはいつも一緒だった」と語り始めるのが胸にくる。たぶん、彼女は会っている誰にも彼女自身の悩みを吐露することはできないし、それをしたくても体裁的にできないのだろう。そんな彼女が居場所に見つけたのが映画だった。映画は鑑賞者を等価に扱うし、いくら言葉をかけても、いくら映画から何かを受け取ろうと、映画自身は何も変わらない。ただ、そこにあるだけ。

そして、今年はコロナ禍においてオンライン映画祭が盛んだった。特に印象的だったのは、新千歳国際アンメーション映画祭のオンラインで見た『Betty』。先日のブログで触れているので、簡単になりますが、『エウレカハイエボ』やタイムリープものにまつわる編集のアニメーションであったので、短編ですが重要作品かと。

paranoid3333333.hatenablog.com

mid90s』は主人公の兄貴が素晴らしかった。スケボー映画というと、『行き止まりの世界に生まれて』もありましたが、被写体との向き合い方においてジョナ・ヒルに軍配があがった。俳優関連だと、『イップ・マン 完結』ドニー・イェン。シリーズのシーンを総括的にインサートしてくるあたり、もし、ドニー・イェンが亡くなったときに、『ラスト・シューティスト』のように出演作を走馬灯のように流して終わるのではないか? と思ってしまい、うるっときてしまった。

心霊ビデオは『心霊盂蘭盆13』も久々のヒットだったけど、『呪われた心霊動画XXX NEO5』を選んだ。タクシー怪談系のアップデートであるし、いくら走っても同じところに行き着く…という単純に怖かったのでよかった。それと久々に瀬田なつき純度100パーセントだったジオラマボーイ・パノラマガール』。びっくりするほど瀬田なつきの文法で、破綻しまくった映画を成立してしまっているのが驚き。めちゃくちゃ好みで感情がめちゃくちゃになった。久々によかったといえば、ウディ・アレンの新作レイニーデイ・イン・ニューヨーク』ここ最近じゃイチバンじゃないだろうか。

最後にNo. 1は『ブルータル・ジャスティス』でした。スクリーンから風圧を感じた。映画はここにある、という確かな実感。もしくは映画というより、暴力の塊。長い会話シーンに、一瞬の銃撃戦。スクリーンでもう一回見たい。来年は『エヴァ』や『エウレカハイエボ』の新作もやるし、今からワクワクしますね。ではまた来年に。

paranoid3333333.hatenablog.com

呪われた心霊動画 XXX_NEO 05 [DVD]

呪われた心霊動画 XXX_NEO 05 [DVD]

  • 発売日: 2020/05/02
  • メディア: DVD
 
イップ・マン 完結 [Blu-ray]

イップ・マン 完結 [Blu-ray]

  • 発売日: 2020/12/02
  • メディア: Blu-ray