つぶやきの延長線上 second season

映画、アニメーション、音楽のこと

不純なるアニメーションの覚書——『アニメ制作者たちの方法』を読んで

昨年末に映画年間ベストを振り返ったとき、マイナーなアニメーション市場が撹拌されて目立った年だったと書いた。

paranoid3333333.hatenablog.com

どうにもそれには2016年の『君の名は。』、『聲の形』、『この世界の片隅に』のヒットに引っ張られる形で新しい市場(もともとあるけど目立つようになった)が拡大したように思える。まず作品が好みはどうか別として、事実として『君の名は。』であれば、個人作家としてデビューした新海誠が、安藤雅司田中将賀などを陣営に迎え、それまで彼の作品で弱かったキャラクターに力を宿した。反対意見もみられたが、劇中何度もかかるRADWIMPSの楽曲もヒットのひとつの要因にはなっているだろう。また三葉の住む飛騨あたりには存在しておらず、新海が大人になるまで住んでいた長野県に実在する諏訪湖を連想させるデザインだ。私は御嶽山(14年の噴火)と諏訪湖(新海の記憶)のハイブリッドな感性があのようなデザインや物語を産んだのではないか? と考えている。

なぜいまさらながらこんなことを書いているかというと、先日発売された『アニメ制作者たちの方法』(フィルムアート社、2019)で石岡良治の高瀬康司が、「不純なアニメのために」で、様々な分野を横断することについて対談していたことに触発を受けたからである。今回は単純に思いついたことを羅列するだけなので脈絡がないので。

まず「不純なアニメ」とは何か? そもそも「不純」とは? つまりそれは純粋なアニメではないということを言いたいのだろうか。ここで石岡が『宇宙戦艦ヤマト』や『機動戦士ガンダム』などになぞらえて、プラモデルやガンプラなどの〈ホビー〉との関係に言及する。つまるところ現代における〈ソシャゲ〉が目立っているが、アニメからゲームへ、ゲームからアニメへ(または漫画、実写、パチンコ…ともいえるかもしれない)などの互いの横断を果たすことで確固たる基板を得ているといったことだろう。

たとえばアニメを純粋な映像メディアとして捉えてしまうと、「映画にどれくらい近づいたか」という価値基準を招き寄せてしまう。すると、「映画のサブカテゴリ」としてアニメを見るか、映画とは異なるメディウムの魅力としての〈作画〉にアニメを還元させるかという、思考の硬直化が生じてしまう。——『アニメ制作者たちの方法』(フィルムアート社、2019)P221

これは資本の流れとも結びつけられる議題かもしれないが、ここは少し置いておいて、その横断というものはメディアミックスといったこと以外にも、アニメ(アニメーション)の参照元といった点でも横断が発生している。高瀬氏と石岡氏の対談でも触れられているが、市川崑タイポグラフィが『エヴァ』で見られたように〈映画〉から〈アニメ(アニメーション)〉への引用があった。映画秘宝のムック『アニメ秘宝』も思い出されるし、実際に押井守は学生時代にゴリゴリのシネフィルだったと聞いたことがある。ソシャゲもそうであるが、現代において映像を利用した娯楽作品は街中に溢れている。しかし、彼らが若かった頃、何を参照すべきか? となったときに映画を参照することはごく自然だったろう。

それは『アニクリvol.6.5』にてDIESKEとtacker10が対談で触れているように、『化物語』『エウレカセブンハイエボリューション』『キルラキル』など参照元が、近年多様化しているのだろう。最近では実写映画を撮る監督がアニメーション映画に参入することが多々ある。ウェス・アンダーソンストップモーションをやれば、岩井俊二ロトスコープを用いたアニメーションを作る。それにエドワード・ヤンが生前、アニメーション映画を制作していたこともある。

www.youtube.com

このパイロットフィルムの感覚はなかなか商業アニメでは見られないものである。見ているだけで背景美術がエグいことになっているし、カメラワークとフレーム外の音が密接に設計されていることがわかるだろう。 もし彼がこの作品を完成させていれば、実写監督のアニメーション参入に拍車がかかったかもしれない。

つい最近であれば『スパイダーマン:スパイダーバース』のアニメーショ手法をひとつの画面で同軸に存在させる。そして物語的な次元と手法の次元を乗り越える、そこで生まれるノイズを表現した作品も出てきている。

www.youtube.com

映画はその生まれがサイレントであったことが、写真のようなものが動くこと、と密接に噛みあって誕生した装置だった。それに対してアニメーションは「動かす」方向に話が進むことが多い(それも悪いといった話ではない)が、昨年の『ANEMONE』があったように、まだまだ未知なるアニメーションの可能性が眠っているように思える。先日TAAFで『Bloeistraat 11』という短編アニメーションを見たが、キャラクターが線(アクリルで線を書いている?)であり、背景等がミニチュアセットでそのなかでキャラクターが動くという面白い手法を使っていた。パペットアニメーションと、ハーツフェルトの棒人間を掛け合わせたハイブリッドな作品だったといえよう。

こんなところで脈絡もへったくれもないが終わる…

 

アニメ制作者たちの方法 21世紀のアニメ表現論入門 (Next Creator Book)

アニメ制作者たちの方法 21世紀のアニメ表現論入門 (Next Creator Book)

 

www.melonbooks.co.jp

音楽雑記01

音楽レヴューっぽく音楽のことについて書くより、誰かに話すように、または日記のように書くほうが自分に合っているような感じがしているのでってことで。

さて、ご存知FRIENDSHIPの2ndフル『Undercurrent』これが彼らの新境地というか、ベスト作ではないだろうか(あくまで音源としての)。EPや1stが力の限り黒い音の塊(音圧)で他を寄せ付けないパワーでねじ伏せている印象があったが、今作めちゃくちゃ頭のいい作品になっている。それはもちろん彼らのフルスロットルのパワーがオレンジのアンプに注がれて、吐き出された音にはまちがいないのだが、全てが一斉に注がれた過去作よりもより空間を意識して力が分散され輪郭が生まれるサウンド。Su19bの2ndなんかが近い表現になっているように思う。印象的なギターリフ+Dビートに、次はブラストビート合わせてテンポチェンジしたり、身体的に心地いい。10曲さらっと飽きないで聴けてしまう。そして今回ドラムの音がズバ抜けていい。#2「Vertigo」のイントロや#7「Plague」を聴けば、その存在感にダンスしたくなることまちがいなし。あと思ったのはFEINDSHIPって一見ゴリゴリのハードコアでモッシュを誘発しそうな音楽なんだけど、わかりやすいモッシュパートを必要としていないよねバンドとして。結果的に身体が動く/動かないは別として。まあ、LIVEではボーカルの人結構突っ込んでくるので衝動的な音楽ではあるんだけど。

www.youtube.com

それでこちらも新譜UNFADEDのST!(動画はEPの)たぶん、バンドとしては根底にジャパコアがあるとは思うんだけど、そこからネオクラストに昇華されたサウンドを引き下げてきた。パンクプロパーじゃないので歴史的文脈にはまだまだ疎いのだけど、ネオクラストにもかっちり音出したり、メロデスっぽいバンド(Khmer特に初期)、メロメロなバンド(Martyrdod後期とか)、RAWよりのsekienとか荒々しいEkkaia(2ndとか)いろいろあるけど、UNFADEDが面白いのは叫んでいるのにわりと何歌っているかわかるってことと、#4「果て無き旅」とかドラマティックな展開で最後の方とかメロディで高まる感じやばいんよね。あと#5「彷徨」のRAW感満載のギターリフとかやられる。

そんな感じで若手がかなりいいアルバム作ってていいことだねって本当思う。そのおかげでNightmareの新譜1回しか聴いていないのでまた聴きましょうね。

2018年に取りこぼした音楽というか殴り書きした雑記の一部

ブログをひと月書かないとなかなか文章が思い浮かばないもので、そのためのリハビリというか近況をふらっと……といっても近況なんて何もないので2018年に取りこぼして2019年になって聴いた音楽さらっと書きます。

open.spotify.com

早見沙織が歌がうまいことは重々わかっていたつもりだったのですが、本当に「つもり」になっていたのだと2nd『JUNCTION』聴いてびっくりした。彼女のイメージ的に#13『新しい朝』のような曲は理解できたんだけど、#4『夢の果てまで』なんて完全に歌謡曲だ。無理しているのではなくて曲にきちんと声が乗っている。ノリがあっている。ポスト坂本真綾かな? というルートを考えていたがこれはえらいことになっている。ここまで歌い上げられるとは思ってもみなかった。最初の4曲がインパクトがあるのでそのあと若干印象が薄れてしまうが、曲の方向性が違うのでこれはこれで問題ない。作品のレヴェルは保ったままだ。昨年のダークホースだといえよう。

これは昨年末のコンテンツベスト3ツイキャスでも話題なったのだが、歌える声優が増えてきてポスト坂本真綾はいいとして、ポスト水樹奈々問題が浮上する。先日、「NANA MIZUKI LIVE GRACE 2019 -OPUS Ⅲ-」に参加してきて少なくてもあと5、6年はポスト水樹奈々の候補さえ生まれないのではないか? と思わせるほどの圧倒的な強さを見せつけられた。水樹奈々は「暴力」の属性において他を圧倒する。本人は77歳になっても歌っていたいといっているくらいなので、今後のライバル相手がどう出てくるかといったところに注目していきたい。

www.youtube.com

昨年はWORLDの編集盤がリリースされたり、Sissy Spacekが来日したりとノイズグラインド界隈は盛り上がっていたが、西之カオティックの1st『tsumetai konton no kuni』が決定的だったか。ノイズグラインドをベースとしながらも、パワーヴァイオレンスも吸収し心地いいショートカットグラインドを披露する。

それとノイズコア/クラスト関連だと大阪のZYANOSEの4th『Cahos bender』。CD盤はライヴ音源も入っているお徳用。ノイズ、パンク好きにはマストアイテムかと。

完全に2018年から外れるけど、羅生門の新譜が相変わらずサイコー。前作よりギターが刻んでる?印象があるけど、Voはよりガーゼよろしく、というかジャパコア精神みなぎっていて素晴らしい。

好みとしては前に出たデモの方が好きなんですが、片面12インチという粋も創作(盤)から感じられてグッド。音もさることながらジャケットも盤の仕様もいいですし、フィジカルにこだわるところ、その辺りにこだわりを持つのは強みになると思うんすね。本もテクストありきではありますが、フィジカルの魅力として装飾に力入れるところ好き。

あとなんといってもRed SheerとSunday Bloody Sundayのスプリットね。どちらもやばいですが、Red Sheerの鬼気迫るボーカル最高だし、音が終末感でていてぐうの音もでない。1st依頼そこまで追えていなかったけど、こりゃやばいね。2019年の採れたての音。今年のスプリットはこれが水準となると戦はきびしいもんだ。