つぶやきの延長線上 second season

映画、アニメーション、音楽のこと

2020年TL経由で知った音楽——GEZAN『狂(KLUE)』のメタル感について

私も老害化したのか、「さいきんの子達って、どうやって音楽知るんだろう?」と思うことが多いのだけど、そりゃあ今ではSNSがあるし、インターネットの彼方此方に情報は氾濫しているので、聴く音楽に困るってこともないのだろうと一応の結論をつけている。というのも、自分も知らず知らずにTwitterのタイムライン(TL)に影響を受けて音楽を知ることは多いからだ。

多分、私はTwitterで以下の割合でフォローしている。

  1. 音楽
  2. アニメ
  3. 映画

そのなかでも、ファン/ライター/批評家/botなど、さらに枝分かれしている。

私自身はコンテンツになる元気もなければ、アカウントを分けることさえめんどくさいと思うタイプなので、すべての趣味や一般的なパーソリティに触れることもこちらのアカウントでインプット/アウトプットしている。フォローする/しないはかなり恣意的で、会ったことがある、会ったことがある人の知人・友人、点で見て琴線にふれる何かを投稿していたとき、といったようなもの。

11年?Twitterをやっていると、新規でコミュニケーション——そもそもそこまで積極的にリプ飛ばさないが——を増やそうとするのもめんどくさい…となってしまい、なかなか新規にフォローする機会もない。自分は感じていないが、ある種のSNS疲れではないか? とも思ったりする。そもそもコミュニケーションに長けた人間ではないし、純粋に「つぶやく」ツールとして使っているので、どうでもいいかなんて。

ただそれだけ長くやっていると、タイムラインに文脈が発生しなくなる。それは、「音楽」の話題ひとつとっても、音楽メインの話をしている人だけのつぶやきだけではないからだ。例えば、映画のことをメインにつぶやくアカウントの人々では、HIPHOPの話がよく出てきたりする。それだけ、2010年代にはHIPHOPが市民権を得たということだろうし、アンダーグラウンドな音楽を好む人たちはアイドルの話をしていたりと、彼方此方にクロスオーバーしている。

コロナ禍において、現場(ライヴハウス)での誤配が起きにくくなると危惧していたが、Twitterでは今でも無数の誤配が日常に存在していると認識させられる。人間ひとりのカバー範囲には限界があるので、この「点」で捉えていく…ということを続けていても実りある知識は蓄積しづらいだろう。もちろん、誰もが自分の思っていることをアウトプットするわけでもないし、ひとつの快楽として音楽を享受することは別に悪くもない。

さて、前置きが長くなってしまったが、GEZAN『狂(KLUE)』のメタル感についての話をしよう。

GEZANの存在を知ったのは、李氏さんあたりのtweetを見たのがきっかけだったと思う。TLで知った後、三秒後にはバンド名をSpotifyで検索して、10秒後には再生している。ブレードランナーもびっくりな世界ではないだろうか。しかし、2021年現在の当たり前の日常だ。

まず初めに自分の音楽興味範囲を示しておくと、ハードコアパンクデスメタル、パワーヴァイオレンス、グラインドコア、ゴアグラインド、スラッジコア、ドゥームデス、これらのクロスオーバーミュージック…をよく聴いている。2020年のベストは、記事の終わりに載せているので興味があったらどうぞ。

「GEZAN」と聞くと、名前のインスピレーションからメタルなのかな? と思っていたのだが、アルバムを試聴した結果、その印象がほとんど間違っているし、ある意味当たっている思わされた。イーヴィルなスラッシュメタルの文脈からいくと、人が赤い被り物(布巻いているだけだけど)被っているジャケットを見ると、「SODOMかよ!」こってなるでしょう。

In the Sign of Evil

In the Sign of Evil

  • アーティスト:Sodom
  • 発売日: 1998/06/30
  • メディア: CD
 

 ってのは冗談にしても、赤い巻物みたいなものはSpirit PossesionのST(2020)もそうだったし、赤い巻物流行ってんのか? って。ただ、実際にポスト・ブラックメタルポスト・ハードコアから影響受けたようなパートもあったり、前作『Silence Will Speak』なんて1曲目から、シャウトとポコポコしたドラムの煽りから始まってブラックメタルかよ? となる。全体として聴くと、envyとか轟音系のバンドから影響受けてるのかなー。『ヘドバンvol.28』で2020年メタル系アルバムベストでも選出している人がいるし、メタル味を感じてもいいのだろうと。

それとどこかポリティカル、ラディカルさってkillie*1とも通じるよな〜って思って、李氏さんの「声と革命—GEZAN「狂(KLUE)」論—」(『痙攣』掲載)を読んでいて、全感覚祭か〜と深くうなづいた。

www.youtube.com

あと見事な曲の転調とか、轟音まざっているとVampillia*2とか(ジャンル違うけど)。ロック経由していないけど、知っているアレコレに通じているとアガる。それと、どこかポップさも持ち合わせているのが素晴らしい。いいアルバムはどこかにポップさを感じるってのが、共通してある(もちろんなくてもいい)。例えば、SPAZZ*3の名盤3rd『Crush Kill Destroy』にだってパワーヴァイオレンスながら、ポップさを感じるし、それって、つまりスラスラ(SLIGHT SLAPPERS)*4がずっと体現していること。それとマイクパットンもあるのかな。

まとめると、GEZANのメタル感って無数に枝分かれしたヘヴィメタルとか、ハードコアパンクなどのジャンルが、クロスオーバーしながら、ひとつの音として戻ってくることによって『狂(KLUE)』が誕生しているのかも。私が聴いているのも交通事故的な出会いだし、TL誤配のなせる部分にも由来するようにも思える。先に書いたように今の音楽って、SNSやインターネット上で流れてきたバンド名を、サブスクや(違法だけど)youtubeで聴けるので、音楽雑誌や初期インターネットを流行っていた時代よりもさらに誤配の範囲が広がっている。私はロックをすっ飛ばしているけど、メタル/ヴィジュアル系⇨ハードコアっていう音楽遍歴をたどっているので、ある程度、共通的な要素の連なりで音楽を聴いている旧来型の人間なのだと思う。そんな、旧来型な人間が、現代的な誤配で本作を聴くことになったので、クリティカルなことは何もいえないけど、美しい音楽だし、単純にカッコいいと思った。出会いはいつも唐突にやってくるものである。

全体の話はしたところで個別に楽曲感想。まず、#01「狂」私のめちゃくちゃ浅いHIPHOP知識(というか経験)なので間違いだったらごめんなさいだけど、日本語HIPHOP的な語り口で始まり、そのアングラ感から「カッケー」と厨二のガキのようにぶちアガる。ベースで引っ張っていき、だだっ広い世界が目に浮かぶようなギターのロングサスティーン。そして、曲調がグッと変わる#2「EXTACY」急に、まるで民族音楽のようなサウンドに。ただ、あくまでもベース主体とギターの役割はほとんど変わっていない。ただ、リズムが民族っぽい。#3「replicant」では前のめりにスピードがまし、一瞬の言葉が導入される、#4「Human Rebelion」から#5「AGEHAで歪んだギターが主張しだして、メロディを奏でる。うねり、うねられまくった音楽は到達点まで最初の達する。#6「Soul Material」では急激にテンポを落として、楽器のような役割をしていたボーカルがメロディを歌い出す。急にキャッチーというか、ポップな楽曲になるので序盤との落差がすごいが、ここまでの転調豊かな楽曲の繋がりから、とても美しく聞こえる。「はい!ここで待った!」と言われているかのような、#7「訓告」でまたダーティーな世界観へ。声はまた楽器としての役割へ回帰する。ギターはサウンドスケープを描くように。そして、また爆裂サウンド#9「赤曜日」ギターの刻みから、ドラムのタム回しとシャウトがポスト・ブラックメタルポスト・ハードコアっぽい。「神様を殺せ」って歌詞が聞こえてくるのが、これまたヘヴィメタル感もあるよね。次の「Free Refugees」のドラム?太鼓? のポコポコした音色が心地いい。そして、ギターノイズ+シャウトで始まる名曲#11「東京」これが、sadsの『TOKYO』ぶりにトーキョーを意識した楽曲になっているのではないか(個人的に!)。「想像してよ、TOKYO!(狂った街)」。ここまでイビツな楽曲でアゲてから、最後にチルっていく#13「I」実にお見事しかいいようのない幕の閉め方で、GEZANのポテンシャルに触れることができた。

GEZANこのあたり、水谷さん(3LA)あたりにもお話を伺ってみたいなーとか思った。それと、本当はTHE NOVEMBERSやHAEMORRHAGEのことも書こうと思ったんだど、もう書けない!また今度ということで〜(多分)。

paranoid3333333.hatenablog.com

 

狂(KLUE)

狂(KLUE)

  • アーティスト:GEZAN
  • 発売日: 2020/01/29
  • メディア: CD
 
SILENCE WILL SPEAK

SILENCE WILL SPEAK

  • アーティスト:GEZAN
  • 発売日: 2020/06/24
  • メディア: CD
 

*1:日本のハードコアバンド。killieの音楽性を一言で言い表すのは困難であるが、カオティック、激情ハードコアあたりの文脈(例えばenvy)で捉えられる機会が多い。

*2:2005年結成。関西に拠点を置くブルータルオーケストラバンド。

*3:1992年結成、アメリカのパワーヴァイオレンス・トリオSPAZZ。パワーヴァイオレンスの教科書みたいな存在。

*4:1994年結成、東京パワーヴァイオレンス。

2020年新作映画ベスト

あまり映画見ていない年だったけど、一応恒例なので。

  1. ブルータル・ジャスティ
  2. Betty
  3. 逃げた女
  4. アンカット・ダイヤモンド
  5. フォードvsフェラーリ
  6. 呪われた心霊動画XXX NEO 05
  7. ジオラマボーイ・パノラマガール
  8. イップ・マン 完結
  9. mid90s
  10. レイニーデイ・イン・ニューヨーク

今年ほど時間感覚が狂った年も珍しいと思う。『フォードvsフェラーリってもう2年前に見たんじゃないかな? と思うほど、昔の映画に感じられるんですが、2020年1月公開作でした。ヘンリーフォード二世が「親父を乗せてあげたかった」と泣きながら吐露するシーンは、思わずグッとくるような名シーンだった。『アンカット・ダイヤモンド』を見るためにNetflixに加入したところまではよかったものの、退会したら毎日のようにメンヘラメールが届くのは、勘弁してもらいたい。ってのはどうでもいいとして、『アンカット・ダイヤモンド』はサフディ兄弟ベストではないだろうか。クズ野郎総決算、ダイヤモンドをめぐって行き当たりばったりの行動を見ているだけで楽しい。

映画祭はフィルメックスに行ってきてジャ・ジャンクーを見たけど、前作みたいなヤクザ映画ではなく可もなく不可もないようなドキュメンタリーだったのは残念。しかし、同時に見たホン・サンスの新作『逃げた女』はこのところのホン・サンスNo. 1では?

f:id:paranoid3333333:20201228181658j:plain

キムミニが夫との話をするときに「夫とはいつも一緒だった」と語り始めるのが胸にくる。たぶん、彼女は会っている誰にも彼女自身の悩みを吐露することはできないし、それをしたくても体裁的にできないのだろう。そんな彼女が居場所に見つけたのが映画だった。映画は鑑賞者を等価に扱うし、いくら言葉をかけても、いくら映画から何かを受け取ろうと、映画自身は何も変わらない。ただ、そこにあるだけ。

そして、今年はコロナ禍においてオンライン映画祭が盛んだった。特に印象的だったのは、新千歳国際アンメーション映画祭のオンラインで見た『Betty』。先日のブログで触れているので、簡単になりますが、『エウレカハイエボ』やタイムリープものにまつわる編集のアニメーションであったので、短編ですが重要作品かと。

paranoid3333333.hatenablog.com

mid90s』は主人公の兄貴が素晴らしかった。スケボー映画というと、『行き止まりの世界に生まれて』もありましたが、被写体との向き合い方においてジョナ・ヒルに軍配があがった。俳優関連だと、『イップ・マン 完結』ドニー・イェン。シリーズのシーンを総括的にインサートしてくるあたり、もし、ドニー・イェンが亡くなったときに、『ラスト・シューティスト』のように出演作を走馬灯のように流して終わるのではないか? と思ってしまい、うるっときてしまった。

心霊ビデオは『心霊盂蘭盆13』も久々のヒットだったけど、『呪われた心霊動画XXX NEO5』を選んだ。タクシー怪談系のアップデートであるし、いくら走っても同じところに行き着く…という単純に怖かったのでよかった。それと久々に瀬田なつき純度100パーセントだったジオラマボーイ・パノラマガール』。びっくりするほど瀬田なつきの文法で、破綻しまくった映画を成立してしまっているのが驚き。めちゃくちゃ好みで感情がめちゃくちゃになった。久々によかったといえば、ウディ・アレンの新作レイニーデイ・イン・ニューヨーク』ここ最近じゃイチバンじゃないだろうか。

最後にNo. 1は『ブルータル・ジャスティス』でした。スクリーンから風圧を感じた。映画はここにある、という確かな実感。もしくは映画というより、暴力の塊。長い会話シーンに、一瞬の銃撃戦。スクリーンでもう一回見たい。来年は『エヴァ』や『エウレカハイエボ』の新作もやるし、今からワクワクしますね。ではまた来年に。

paranoid3333333.hatenablog.com

呪われた心霊動画 XXX_NEO 05 [DVD]

呪われた心霊動画 XXX_NEO 05 [DVD]

  • 発売日: 2020/05/02
  • メディア: DVD
 
イップ・マン 完結 [Blu-ray]

イップ・マン 完結 [Blu-ray]

  • 発売日: 2020/12/02
  • メディア: Blu-ray
 

2020年音楽ベスト

今年はコロナのせいでほとんどLIVEにも出向くことができず、音楽においても誤配が生まれにくい環境だった。また、数々のアーティストが亡くなったりだの悲しいことがありました。ただ、例えば某Gの再発盤もありましたし、書籍の販売や少しずつLIVEも再開し始めてきているので、ずっと悪いことが続くわけでもなさそうですね、たぶん。ということで、いつも通りの音楽ベストです。今年もまだ音源買うと思いますがキリがないので。順不同。 

KRUELTY - A Dying Truth

 東京のハードコア〜ドゥームデスのKRUELTY、待望の1st。クルエルは2年前のCOFFINS&Second to noneのツーマンツアーのときに、ブッシュバッシュで出演していたときに初めて鑑賞して、覆面かぶってるし音もズルズルのデスメタル?でもセコナンっぽさもある!って興奮した。帰りに購入できる音源全て買ったくらいに。LIVE見たときはちょうどコフィンズとセコナン足して2で割った感じかな〜と思っていたけど、アルバム通して聴くとさらにブラッシュアップしてきた感じ。タイトルなんかモロですが、CIANIDEなんかのオラオラ系(?)ドゥームデスに、関西の凶悪ハードコアのノリが入っているよう。全体総括するとハードコアなんだけど、ところどころメタルが入るって感じでその辺り大好物。こちらが気に入ったら、この次に出たEP「Immortal Nightmare」を聴いてみるといいです。ここからネクストなサウンドかましててまじ最高なので。リンク貼っておきます。

  

CAUSTIC WOUND  - Death Posture

 USのグラインドコアの1st。クラシックなグラインドコアデスメタル要素(デスグラインド)を+αしてほどよいドロドロなミドルパートを加えていっちょ出来上がり!今年こちらをベスト枠に入れている人が多いですが、それも納得なグラインドコアかましているな〜と。浅草デスフェストとかのフェスに出て欲しいね。これは生で見たい。

  

Hemipenis - In to The Doze Null

f:id:paranoid3333333:20201227101931j:plain

大阪のスラッジ/ドゥームバンドの1stフル。圧!圧!圧!強烈なまでの重低音で圧殺されるのではないか? 猛獣のようなボーカル!ズルズルと引きずり地獄巡りさせるような音作り。Grief、Noothgrush、Corrupted、あとPrimitive manあたりが好みな人ハマるんではないでしょうか。 

 

Funeral Leech - Death Meditation

 US産ドゥームデスのFuneral Leechの1st。この辺りはOSDMとして一応の理解をしておけばいいのだろうか。イントロの雨音からギターの不協和音でかなり不気味な雰囲気が漂っているんだけど、ここから漆黒のデスドゥーム地獄。遅いバンドとして、先にHemipenisをあげましたが、あちらはもっとハードコアよりだしサウンドが圧殺〜収縮方向に対して、Funeral Leechはスローパートのノリで反復してそこに不穏なメロディ入れて、空間の広がりを感じさせるサウンドになっている。こちらの方が規模感がでかい音楽に聞こえますね。#3「The Burden of Flesh」イントロのカルト感がたまりません。そこから「ゔぉい!」ドーーーンと落とす→刻みパート、これはもう最高でしょう。bandcampで落として気に入りすぎて、DSRでレコード買ったくらい好き!順不同にはしたけど、ベスト決めてっていうならこちらを選ぶかなー。おすすめ! 

 

ZOUS - PANDEMICON 

 USのOSDMの1st demo。Nailsのメンバーが作ったということで、ドス黒いハードコア的なパートも見え隠れしているのですが、完全にOSDM趣味というか、デスメタル聴いているな〜という気分になる。Autopsyのカバーも入れているのですが、Bolt ThroweあたりのOSDM好きな人にもハマるんじゃないでしょうか。demoにしてこのサウンドって何をdemoって呼ぶんだ!感はありますが、すばら盤です。

 

GREENMACHiNE - st

 金沢のハードコアロックことGREENMACHiNEの5th。再発盤のことも考えると、本当に精力的に活動している。新譜も出たばっかりだった気がしましたが、昨年なんですね。こりゃビビる。正直前作があまり好みではなかったんですが、今作はバッチリ掴まれました。#1「Poisonshed」からアゲアゲで踊れそうなのですが、#2「Nothing」のギターソロのハモり2:02〜あたりが、ハロウィンとかガンマレイあたりのメタル味があってブチ上がりました。セルフタイトルってそのバンドの看板しょってるようなもんですし、知らない人からしたら今作を最初に手をとるはずなんですね(入手性の良さも含めて)。それでこの短い期間でこれだけパンチ効いた曲持ってこれるのは素敵だなーと。#12「孤絶(Kozetsu)」マジ名曲。感情がめいいっぱいに詰まってる。LIVEで聴きたいね。

 

Xibalba - Anos en Infierno

 カルフォルニアのブルータルハードコアXIBALBA 4th。おなじみの極悪ハードコアやっていますが、よりデスメタルのドロドロ感も煮詰まってきているのと、音作りがまじでいいっす。今作にきてXIBALBAベストじゃないかな〜!

 

Military Shadow - Blood For Freedom

 イントロのリードギター聴いて思わず「エッも!」と反応してしまうほどに、グッと掴まれた、メタルパンク Military Shadowの1stフル。荒々しいツインリード聴くと、初期Xってこういう感じだよなーと懐かしさも感じられる。根底にあるのは、昭和〜平成の間にあったジャパニーズメタル〜ジャパニーズハードコアパンクの初期衝動なんだろう。いまどきここまでどストレートにこの辺りのサウンド出しているバンドも珍しいので、激推しします!

 

SUPPRESSION - Landscape EP 

 USヴァージニアのノイズ・パワーヴァイオレンス!SUPPRESSIONのEP!流石のパワーヴァイオレンス。11曲入って5分以下、そしてブチぎれたボーカル!これだけでパワーヴァイオレンスのすべてではないのか?とも思えるのですが、ノイズがまたはちゃめちゃで楽器音が潰れまくっているのがまたたまりません。こちら気に入ったら、ディスコグラフィーに手を出してみるといいかもしれません。割と安いし。

 

 Sector - The Virus of Hate Infects Teh lgnorant Mind 

 シカゴ産ハードコアのEP。くくり的にはNYHC影響下のビートダウンハードコアなのか? といったも決して疾走パートや、そこまで目立ったビートダウンパートがインサートされるわけでもないんだけど、メタリックなリフでザクザク落とす感じがたまりません。随所でコーラス入るタイミングとか最高すぎて上がりますね。MH CHAOSのギターが入っているバンドらしんだけど、それ聞いて納得する。

 

Boris - NO

 Borisハードコアパンク! #01「Genesis」で『DEAR』あたりの路線かと思ったら、続く#02「Anti-Gone」で80sジャパニーズハードコアパンクやっててびっくりした。腕振り上げているLIVE会場が眼に浮かぶ…。しかも#9「Fundamental Erorr」はGUDONのカバー。非常に多作なBorisですが、その中でも際立って攻撃性の高いアルバム。

 

S.i.N - 自作自演の世界

f:id:paranoid3333333:20201227104058j:plain

ZAYの衝撃的な解散から2年。メインボーカルを務めていたSINさんがソロになって初めての自主リリース。ZAYの攻撃的な音楽性からガラッと雰囲気を変えて、ギター、ドラム、シンセでシンプルに構成されている。ただ、どこかメタルクラスト味を感じるというか、それは、確かめるかのようにひとつひとつ発せられる魂が込められたSINさんの言葉によるものでもあるように思う。「俺もいくから、ライヴハウスでまた会おう」って歌詞があるのですが、しんみりとしました。。。