つぶやきの延長線上 second season

映画、アニメーション、音楽のこと

2018年 新作映画ベスト10

毎年恒例の新作映画ベスト。以下ベストと雑感を。 

www.youtube.com

  1. リズと青い鳥
  2. ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション
  3. きみの鳥はうたえる
  4. パディントン2
  5. それから
  6. 大人のためのグリム童話 手をなくした少女
  7. ニューヨーク、ジャクソンハイツへようこそ
  8. 霊的ボリシェヴィキ
  9. 苦い銭
  10.  ペンギン・ハイウェイ 

2018年を振り返ってみて、いわゆるディズニーとかジブリっていう一般的にポピュラーな作品よりも、マイナーよりのアニメーション映画が元気だったと感じる。しかしそれは土台として2016年にヒットしたアニメーション映画(『君の名は。』『この世界の片隅に』『聲の形』)の存在があり、長編アニメーション市場が攪拌されてポテンシャルの高い作品が出てきたと感じる。そのひとつに山田尚子の存在がある。

2011年には彼女の代表作となる『けいおん!』の劇場版、2014年には『たまこまーけっと』の劇場版アニメ『たまこラブストーリー』の公開。彼女には定期的に監督作を発表するチャンスがあった(もちろん実力も)。最大のチャンスを迎えたのが2016年の『聲の形』だろう。それ以前はサブカルよりの監督なのかな? とか思っていたのだけど、『聲の形』のアニメーションとしての表現力には平伏せた。映像から拡散されてくるイメージ量(曖昧な表現だが具体的に言えないので勘弁を)の豊富さに考えを改めることになった。それは恐らく牛尾憲輔が担当した音楽にも大いに関係することだろう。

そして言語化が困難なイメージを凝縮したのが、今年のリズと青い鳥だったのだろうと思う。これはまた牛尾憲輔が音楽を担当している。物語を追っても単純な映画ではないし、形式を見ても90分間緊張し続けた素晴らしいアニメーションだ。『リズと青い鳥』に関しては他所で散々語っているから割愛するとして、同じくポテンシャルを持ったアニメーション映画として『ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューションの存在を忘れてはならないだろう。2017年の『エウレカセブンハイエボリューション1』から大胆な編集で「総集編」ではなく(もちろん総集編が悪いとはいっていない)、「編集」映画にしていたのが心を打った。『ハイエボ1』は記憶喪失者(レントン)がナレーションする中、テレビアニメの素材を切断/再接続を重ねることでもうひとつの物語を語った野心的な作品だったが、『ANEMONE』はさらに物語を完全に真新しく変えてしまった。まさに「アネモネセブン」であり、来年の続編にさらなる期待を寄せられるだろう。また、短編アニメーションのような質感の長編アニメーション大人のためのグリム童話 手をなくした少女も、2018年に日本を取りまくアニメーションの波に乗っていてよかったんではないだろうか。

www.youtube.com

ペンギン・ハイウェイを見てインプットを整理する能力(編集と接続)に自分自身見習う必要があると反省。それとこの文脈ではないが、『若おかみは小学生!』もよかった。横たわる/直立する、ということと若おかみの成長物語を重ねて設計している点がいい。久しぶりに水樹奈々もハマり役だったしね。『犬ヶ島』、『ぼくの名前はズッキーニ』もポテンシャルを持った人形アニメーションだったが、私的にはあまりピンとくるものではなかった。『ドラゴンボール超 ブロリー』は確かにアクションはすごいのだけど、全体の流れとしての構成があまり好みではなかった。それとブロリーがなかなか旧版の最強モードに(デザイン的に)ならなかったのがあまりテンションがあがらなかった。『魔法少女リリカルなのは Detonation』は勝手に『vivid strike』とのクロスオーヴァーを感じて涙。

短編アニメーションだと水江未来の古典で新作『DREAMLAND』を見ることができた。現在「西遊記」を土台とした長編アニメーションを制作中とのことで、今後に期待したい作家だ。それと自分がまだ十分に理解していないが、新千歳アニメーション国際映画祭で短編部門グランプリのReka Bucsi『Slolar Walk』もイマジネーション掻き立てられる作品だったことは間違いない。

vimeo.com

アニメと続いて実写映画はどうだったかというと、世間的に言えばザ・濱口竜介・イヤーだったのではないだろうか。私はチェーホフの劇的なシーンを排除すれば、言葉から離れた映画が作れたと思ったのであまり関心はしてないのだけど、前作『ハッピーアワー』は好きだし、キャラクター造形はピカイチだったと思う。でも彼よりも、三宅唱を私は推したい。『やくたたず』での役者のたたずまいを見てペドロ・コスタを瞬間的に感じてから、彼の作品はできるだけ見るようにしているのだけど、きみの鳥はうたえるはこれまたすごい映画だった。濱口竜介ユリイカで『夜の人々』に触れているが、確かにこの映画は「夜」の映画であり、函館のロケーションは最高であるし、クラブシーンの無駄時間(肯定的な意味での)は極上。それとラストの石橋静河の顔。あの顔をみて今年のベスト俳優だと確信。

パディントン2擬似家族モノであるが、オープニングの橋から飛び降りてパディントンを救う回想から涙が止まらない。ウェスアンダーソンよろしく! 的なシーンも目白押しだったけど、巧く機能していてたいへん好みでした。

それとフィルメックスを含めれば今年(日本に限る)6本の新作が見れたホンサンス(私は4本しか見れませんでした)から『それから』。正しい日 間違えた日』もよかった。ドキュメンタリーからフレデリック・ワイズマン『ニューヨーク、ジャクソンハイツへようこそ』ワン・ビン苦い銭を選出。『ジャクソンハイツ』は「死にたい」っていっているおばあさんに長生きの秘訣を聞くとか、「お金払って若い子を呼んで話せばいいのよ!」とかアドバイスを繰り出しているおばあさんたちにひれ伏した。この世の地獄だ。『苦い銭』は相変わらず面白人間発見器というか、ハサミ持ってウロウロしている人や夜中ずっと夫婦喧嘩している人を撮っていたり、作為も感じたがそれ含め楽しめた。ドキュメンタリーではないけど、質感的にはキャスリン・ピグローの『デトロイト』の前半。暴動が起きて周辺の店を襲撃して自転車パクるところはワイズマンみたいだ!と思うなどした。

ホラー枠はなんといっても高橋洋の新作霊的ボリシェヴィキ。心霊ビデオファン的にものすごくたまらなかった。シチュエーションを整えればどうにでも「恐怖」は生まれる。「怖い話をしていたら寄ってくる」の典型作。ときより恐ろしいショットを挿入するが、雰囲気作りの映画だったな〜と思う。儀式映画だしね。

映画祭関係だとブリランテ・メンドーサ『アルファ、殺しの権利』がよかったな。

実写、アニメーションどちらもよかったのだが、その一方で残念だったのが心霊ビデオ作品。ここ数年なかなか面白い作品が多かったのだが、今年は少し元気がなかった。『心霊玉手匣constellation』は白石的シリーズのクロスオーヴァーでなんとなく結びつけて完結しましたっていう、保守的な結末を迎えてしまったのが残念だった。昨年持ち直した『闇動画』も鳴かず飛ばず、『心霊パンデミック』や『呪われた心霊動画XXX』あたりは比較的安定しているが飛び抜けた作品は出てこなかった。

その不作の中でも『心霊盂蘭盆』シリーズは面白かったし、その中でも4作目は今年心霊いちばんの作品だった。それと『境界カメラ』は心霊ドキュメンタリーを制作する視点を霊障とともに追っていくといった作品でこちらもよかったかな。来年こそは揺さぶられるような作品に出会いたい。

 

最後に2018年に鑑賞した旧作ベストで〆で。*1

  1. 星を持つ男(ジャック・ターナー、1950)
  2. ゆがんだ月(松尾昭典,1959)
  3. 血槍富士(内田吐夢、1955)
  4. 廃墟の群盗ウィリアム・A・ウェルマン、1948)
  5. リバー・オブ・グラス(ケリー・ライヒャルト、1994)
  6. バシュフル盆地のブロンド美女(プレストン・スタージェス、1949)
  7. パリ横断(クロード・オータン=ララ、1956)
  8. 少女暴行事件 赤い靴(上垣保朗、1983)
  9. 必死の逃避行(アンソニー・マン、1947)
  10. 恐怖の報酬 オリジナル完全版(ウィリアム・フリードキン、1977)

d.hatena.ne.jp

d.hatena.ne.jp

d.hatena.ne.jp

paranoid3333333.hatenablog.com

paranoid3333333.hatenablog.com

paranoid3333333.hatenablog.com

paranoid3333333.hatenablog.com

 

苦い銭 [DVD]

苦い銭 [DVD]

 
心霊盂蘭盆4 御子神祭の怨霊 [DVD]

心霊盂蘭盆4 御子神祭の怨霊 [DVD]

 

 

*1:'18.1.3『パリ横断』を失念し再編成。『天国はまだ遠い』(濱口竜介)が次点へ。

話数単位で選ぶ、2018年TVアニメ10選

今年も新米さんのこの企画参加致します。順不同です。

shinmai.seesaa.net

ルール
・2018年1月1日~12月31日までに放送されたTVアニメ(再放送を除く)から選定。
・1作品につき上限1話。
・順位は付けない。

 

忠実なる軍の道具として扱われてきたエヴァーガーデンが、「自動手記人形」を通して徐々に人間性を得る物語の重要な挿話。また王女という肩書きから「個人」への物語。公的な恋文から私的な恋文へと移り変わる様子を描いた。同作であると力強いショットで魅せた第3話「あなたが、良き自動手記人形になりますように」も素晴らしかった。

 

ゆるキャン△ 2 [Blu-ray]

ゆるキャン△ 2 [Blu-ray]

 

冬キャンやりたくなるいいアニメだった(実際「ゆる」くない「ガチ」キャンなので実施してないが…)。LINE等のコミュニケーションツールを巧く落とし込んで、空間と空間をショットとショット(スマホの写真)でつなげているあたりがよかった。来年は温泉とキャンプを実践したい。

 

  • SSSS.GRIDMAN 第10回「崩・壊」 

タイムラインを見ていた限り、18秋アニメとしては『ゾンビランドサガ』とともに話題になったアニメじゃないだろうか。#9の夢回も素晴らしかったが、#10は怪獣の中の人がでてきてしまうバグ回。グリッドマンって一見すると現実/虚構、もしくは現実と虚構のレイヤーのような作品に見えるけど、実はもっとめんどくさい作品なんではないか? と思っている。この辺りはもう少し詰めて考えたいところ。

 

刻刻 Blu-ray BOX【完全受注生産限定版】 [Blu-ray]

刻刻 Blu-ray BOX【完全受注生産限定版】 [Blu-ray]

 

漫画で昔1巻を読んだことがあって、その時はハマらなかったのだけどアニメはどハマり。10話は三方向からのアクションを巧みに設計していて脱帽でした。

 

  • プラネット・ウィズ 第9話「目覚めの使者」

後追いで見たのですが、全体的といった言葉が正しいのか、ひとつの物語としてポテンシャルを持った作品だった。クライマックス直前!みたいな挿話が好きなんですが、本話もラスボス(実際は中ボスですが)直前の高揚感がみなぎってて最高だった。

 

  • ツルネ 第八話「矢を向けて」

響く=世界が広がるってショットが決まった瞬間がたまらなかった。それこそ8話まで積み上げたものがあって初めて生まれる衝撃ではあるのだけど。

 

  • Fate/EXTRA Last Encore 07「誰かの為の物語」 

生きていないのにバックボーンを抱えている矛盾な存在(ゴースト)。夢が氾濫する夢心地の挿話。ロウリーの『ア・ゴースト・ストーリー』と一緒に「ゴースト」について考えて行きたくなった。それと美術が最高でしたね。

 

ホラー展開にびっくりしたけど終わってみるといつも通り。見ていてずっと気持ちよくてサイコーした。

 

百合ってことを知らずに見始めたら百合もそうだけど、適正な画面の連続におそれいったアニメ。1話-2話の葉っぱが舞うショットとか、列車が通り過ぎるショットも素晴らしいけど、あおきえいコンテの6話は緊張感が半端なかった。影の使い方、境界線の使い方、水(鏡)…全部すごい。そこから生まれる「時間」にたっぷり酔いしれた。

 

技巧的なカットや物語が特徴的であるが、作画もすごい回。ルールーの存在が巧く機能した挿話だと思う。これだからプリキュアは見逃せない。

 

といったベスト10選になりました。考えてみれば『DEVILMAN crybaby』も2018年のアニメだったんだなーと。劇場アニメーションだと『リズと青い鳥』『若おかみは小学生』『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』『ANEMONE』『続・終物語』『なのは』など面白い作品を見れたのでよかった。あまり短編アニメーションを見れなかったのでそこが反省点ですが、来年は手広く深く見ていきたいですね。では。

 

2018年 音楽ベスト10 + LIVEベスト10

今年からSpotifyの有料会員になり、これでフィジカル購入量が減り節約バンザイ! と思っていたのだが、結局のところSpotifyで聴いてよかったらフィジカルを購入してしまうルーティンに入り、まったく節約ができなかった2018年でした。

今年はソドム(日本)再発なんかがあり、ギリギリ購入できたりしてよかったなーと。パワーヴァイオレンスだとspazzのCD盤が再発されていましたね。狙ったかのように市場に中古が出回っていましたね。今年のGWくらいからトーキョーに戻ることになり、トーキョーのバンドがたくさん見れていい環境なのですが、地方勢に手が届きにくくなったのでそれはそれで寂しい気持ち。でもやっぱりレコ屋も箱もたくさんあって楽しいね。それのせいで映画全然見れなかったけど…。それと今年は最後にZAY解散とか悲しいことがありましたが、各メンバーそれぞれのさらなる活躍に期待して待つことにしましょうかね。

そんなこんなで年の瀬ということで恒例の音楽ベストです。今年も買ったけど、そこまで聞き込んだ作品が多くなかったので、ベスト作は少ない感じです。最後にLIVEベストも。順不同って感じで来年もよろしくっす。

 

sleepよろしくな東京のインストゥルメンタル・ドゥームバンドのst。正確に言うと昨年末ギリギリに発売されているので今年の音源ではありませんが、まあその辺はテキトーにって感じで。確かにsleepよろしくな反復ドゥームですが、ちょっと和というか、中国の山並みが目に浮かぶようなサウンドが遠くで鳴っている(と錯覚するような)ように聞こえたり面白いバンドだなーと思った。今年の春くらいまでずっとこればっかり聴いてた。

 

傑作『Blooming Maps』から1年という短期間でリリースした4thフル。前作からQ−MHzが楽曲提供しているんですが、今作も同様。前作と比べるとアルバム単位というより楽曲ごとの個性が強い印象を受ける。お気に入りは『カオティック・ラッシュ・ナイト』と『おねがいフューチャー』。それとシングル曲だけど『Swing heart direction』はやっぱりすごい。今年初めてLIVEに足を運んだんですが、上手かったし美人さんでしたね。これからも続けて音楽活動期待してる。(もちろん声優活動も)

 

カオティックハードコアというか激情というべきなのかweeprayの1st。暗く、吐き出しづらいような感情が全体を構成している。発売してから数ヶ月ずっと聴いていたな〜。ブラストビートやトレモロリフなどブラックメタル的アプローチかと思えば、そうではなく「ドゥン」と響くドゥーミーなパートやメロディ部分がブラックメタルのそれらとは違う。久々に小岩で見ることができてよかった。ベースのあたけさんが脱退とのことですが、バンド自体はそのまま継続されるとのこと。その日のLIVEはとても感情が揺れ動かされた。

 

  • Sissy Spacek/Ways of Confusion 

John Wiese率いるグラインド/ノイズユニットの2018年作。これ、みちのくさんが絶賛していたので、Spotifyで聞いたらぶっ飛んだ。それで速攻アナログ買って再生したらさらにぶっ飛んだ。ノイズグラインドっていうか初期カーカスのグチャドロ感を引き継いだゴアグラインド。順不同といいながら今年一枚選べといわれたらコレじゃないでしょうかね。

  

ドローン/アンビエントエレクトロニカ Tim Heckerが東京の雅楽団体と共同作業で制作した2018作。前作があまり好みではなかったのですが、こちらはイントロから完全に掴まれた。今年の来日いけなかったのが残念だったが、また次回作のときにかけつけたいところ。

 

映画『リズと青い鳥』のサントラ。山田尚子絡みであると『聲の形』から引き続いて牛尾憲輔続投となったわけですが、映画にとってなくてはならない存在になった。サントラのみで聴いても「ズレ」がたいへん素晴らしい。聴きながら歩いているとまるで『リズと青い鳥』の世界に入ってしまったかのような感覚に——。

  

  • KUGURIDO/2018DEMO 

姫路のネオクラストKUGURIDOの2018demo。ネオクラストっつーかRAWパンクって感じで大変素晴らしいdemoっす。demoでいちばん聴いた。

 

  • Granule,KLONNS/split Discipline 

www.youtube.com

東京の最前線を突っ走るハードコアパンクGranuleとKLONNSの7インチスプリット!ノイズのまま突っ走り、ドス黒い粒子が身体をマシンガンのように打ちつけてくるようなサウンド。今年のスプリット部門ではCOFFINS,SECOND TO NONEとともによく聴いていた。

 

  • Earthless/Black Heaven 
BLACK HEAVEN

BLACK HEAVEN

 

アメリカのインストゥメンタルロックバンドEarthlessの4th。といっても本作『ブラックヘヴン』からヴォーカルを取り入れた野心作になっている。私的にはヴォーカルなしがアースレスのよさだったと思うので、聴き始めは困惑したのだけどなれるとこれはこれでありだなーといった結果に。サイケ系が好きな人はマストアイテムっす。

 

  • Brainoil/Singularity to Extinction 

今年来日を果たした カルフォルニアの暗黒スラッジコアBrainoilの3rd。暗黒スラッジとクラストのリズムを持っていて大変素晴らしい。スラッジつながりだと来年はEYHATEGODも来日しますしね。スラッジ界隈が盛り上がってくれるといいっすね。

音源ベストはこのような感じで。あとよく聴いたのはこの辺りかな。Scorchedは今年のデスメタルベストじゃないすかね。 

  • Archgoat/The Luciferian Crown
  • SEX MESSIAH/EASTERN CULT OF SODOMY
  • Scorched/Ecliptic Butchery
  • 宇多田ヒカル/初恋
  • Gate/Resurrection Of Relentless God
  • BLACK GANION/Third
  • ENDON/Boy Meets Girl
  • PALM/TO LIVE IS TO DIE, TO DIE IS TO LIVE
  • COFFINS,SECOND TO NONE/Nine Cocoons Of Dens To F
  • ilska/Demon 201H8

 

最後にライヴベストで今年の音楽〆。簡単にコメントします。

  • JESUS PIECE(12/15,渋谷GARRET) 
  • ilska(11/17,小岩Bushbash)
  • CONVULSE(10/28,浅草Gold Sounds)
  • UHONLY GRAVE(10/27,浅草Gold Sounds)
  • Monarch!(10/14,高円寺 二万電圧)
  • Smash Your Face(9/8,新代田FEVER)
  • Second to None(7/28,中野MOONSTEP)
  • COFFINS(7/28,中野MOONSTEP)
  • 坂本真綾(3/10,大阪国際会議場メインホール)
  • 水樹奈々(1/14,日本武道館

JESUS PIECEは今年出した『オンリーセルフ』もよかったですが、LIVEでみるとさらにというかとんでもないバンドで本当にびっくりした。彼ら音楽が本当に大好きのようで他のバンドがLIVEしている間もフロアにいてモッシュかましてた。ヴォーカルのアーロンのモッシュはまじでやばい。COFFINSをめちゃくちゃ楽しそうに聴いててよかったなー。岡山のilska!初めてみたんだけど、これも音源以上に激ヤバ。ギター3人なんだけど、単に音圧だけの問題ではなく3人いてilskaが成立しているかのようなサウンドでよかった。CONVULSEオールドスクールデスメタル!!ニコニコしながらアナログ持っていたらKrueltyのメンバーに1stのB面の1曲目好きっす!といわれながらフライヤーを渡された(笑)UNOHOLY GRAVEは単なるファンですが、東京でRAWグラインド聴けてよかった。グラインド神やっぱやべーなって。Monarch!男女ヴォーカルの音の絡み合いと重低音がカオスな次元に持って行ってくれた。最高。Smash Your Face初めて見たんですが、今年見たLIVEでいちばん楽しかった。second to nonecoffinsはツーマンショー(Krueltyも出ていたのでスリーマンか)でロングセットを堪能。いうことないっすね。完璧。坂本真綾さん単なるファンですが、セトリよかったですし、お綺麗でしたね。水樹奈々はオープニングでいきなりハーレー乗って出てきたのには笑った。谷山紀章さんとのコラボ最高によかった!