つぶやきの延長線上 second season

映画、アニメーション、音楽のこと

話数単位で選ぶ、2018年TVアニメ10選

今年も新米さんのこの企画参加致します。順不同です。

shinmai.seesaa.net

ルール
・2018年1月1日~12月31日までに放送されたTVアニメ(再放送を除く)から選定。
・1作品につき上限1話。
・順位は付けない。

 

忠実なる軍の道具として扱われてきたエヴァーガーデンが、「自動手記人形」を通して徐々に人間性を得る物語の重要な挿話。また王女という肩書きから「個人」への物語。公的な恋文から私的な恋文へと移り変わる様子を描いた。同作であると力強いショットで魅せた第3話「あなたが、良き自動手記人形になりますように」も素晴らしかった。

 

ゆるキャン△ 2 [Blu-ray]

ゆるキャン△ 2 [Blu-ray]

 

冬キャンやりたくなるいいアニメだった(実際「ゆる」くない「ガチ」キャンなので実施してないが…)。LINE等のコミュニケーションツールを巧く落とし込んで、空間と空間をショットとショット(スマホの写真)でつなげているあたりがよかった。来年は温泉とキャンプを実践したい。

 

  • SSSS.GRIDMAN 第10回「崩・壊」 

タイムラインを見ていた限り、18秋アニメとしては『ゾンビランドサガ』とともに話題になったアニメじゃないだろうか。#9の夢回も素晴らしかったが、#10は怪獣の中の人がでてきてしまうバグ回。グリッドマンって一見すると現実/虚構、もしくは現実と虚構のレイヤーのような作品に見えるけど、実はもっとめんどくさい作品なんではないか? と思っている。この辺りはもう少し詰めて考えたいところ。

 

刻刻 Blu-ray BOX【完全受注生産限定版】 [Blu-ray]

刻刻 Blu-ray BOX【完全受注生産限定版】 [Blu-ray]

 

漫画で昔1巻を読んだことがあって、その時はハマらなかったのだけどアニメはどハマり。10話は三方向からのアクションを巧みに設計していて脱帽でした。

 

  • プラネット・ウィズ 第9話「目覚めの使者」

後追いで見たのですが、全体的といった言葉が正しいのか、ひとつの物語としてポテンシャルを持った作品だった。クライマックス直前!みたいな挿話が好きなんですが、本話もラスボス(実際は中ボスですが)直前の高揚感がみなぎってて最高だった。

 

  • ツルネ 第八話「矢を向けて」

響く=世界が広がるってショットが決まった瞬間がたまらなかった。それこそ8話まで積み上げたものがあって初めて生まれる衝撃ではあるのだけど。

 

  • Fate/EXTRA Last Encore 07「誰かの為の物語」 

生きていないのにバックボーンを抱えている矛盾な存在(ゴースト)。夢が氾濫する夢心地の挿話。ロウリーの『ア・ゴースト・ストーリー』と一緒に「ゴースト」について考えて行きたくなった。それと美術が最高でしたね。

 

ホラー展開にびっくりしたけど終わってみるといつも通り。見ていてずっと気持ちよくてサイコーした。

 

百合ってことを知らずに見始めたら百合もそうだけど、適正な画面の連続におそれいったアニメ。1話-2話の葉っぱが舞うショットとか、列車が通り過ぎるショットも素晴らしいけど、あおきえいコンテの6話は緊張感が半端なかった。影の使い方、境界線の使い方、水(鏡)…全部すごい。そこから生まれる「時間」にたっぷり酔いしれた。

 

技巧的なカットや物語が特徴的であるが、作画もすごい回。ルールーの存在が巧く機能した挿話だと思う。これだからプリキュアは見逃せない。

 

といったベスト10選になりました。考えてみれば『DEVILMAN crybaby』も2018年のアニメだったんだなーと。劇場アニメーションだと『リズと青い鳥』『若おかみは小学生』『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』『ANEMONE』『続・終物語』『なのは』など面白い作品を見れたのでよかった。あまり短編アニメーションを見れなかったのでそこが反省点ですが、来年は手広く深く見ていきたいですね。では。