つぶやきの延長線上 second season

映画、アニメーション、音楽のこと

2018年 音楽ベスト10 + LIVEベスト10

今年からSpotifyの有料会員になり、これでフィジカル購入量が減り節約バンザイ! と思っていたのだが、結局のところSpotifyで聴いてよかったらフィジカルを購入してしまうルーティンに入り、まったく節約ができなかった2018年でした。

今年はソドム(日本)再発なんかがあり、ギリギリ購入できたりしてよかったなーと。パワーヴァイオレンスだとspazzのCD盤が再発されていましたね。狙ったかのように市場に中古が出回っていましたね。今年のGWくらいからトーキョーに戻ることになり、トーキョーのバンドがたくさん見れていい環境なのですが、地方勢に手が届きにくくなったのでそれはそれで寂しい気持ち。でもやっぱりレコ屋も箱もたくさんあって楽しいね。それのせいで映画全然見れなかったけど…。それと今年は最後にZAY解散とか悲しいことがありましたが、各メンバーそれぞれのさらなる活躍に期待して待つことにしましょうかね。

そんなこんなで年の瀬ということで恒例の音楽ベストです。今年も買ったけど、そこまで聞き込んだ作品が多くなかったので、ベスト作は少ない感じです。最後にLIVEベストも。順不同って感じで来年もよろしくっす。

 

sleepよろしくな東京のインストゥルメンタル・ドゥームバンドのst。正確に言うと昨年末ギリギリに発売されているので今年の音源ではありませんが、まあその辺はテキトーにって感じで。確かにsleepよろしくな反復ドゥームですが、ちょっと和というか、中国の山並みが目に浮かぶようなサウンドが遠くで鳴っている(と錯覚するような)ように聞こえたり面白いバンドだなーと思った。今年の春くらいまでずっとこればっかり聴いてた。

 

傑作『Blooming Maps』から1年という短期間でリリースした4thフル。前作からQ−MHzが楽曲提供しているんですが、今作も同様。前作と比べるとアルバム単位というより楽曲ごとの個性が強い印象を受ける。お気に入りは『カオティック・ラッシュ・ナイト』と『おねがいフューチャー』。それとシングル曲だけど『Swing heart direction』はやっぱりすごい。今年初めてLIVEに足を運んだんですが、上手かったし美人さんでしたね。これからも続けて音楽活動期待してる。(もちろん声優活動も)

 

カオティックハードコアというか激情というべきなのかweeprayの1st。暗く、吐き出しづらいような感情が全体を構成している。発売してから数ヶ月ずっと聴いていたな〜。ブラストビートやトレモロリフなどブラックメタル的アプローチかと思えば、そうではなく「ドゥン」と響くドゥーミーなパートやメロディ部分がブラックメタルのそれらとは違う。久々に小岩で見ることができてよかった。ベースのあたけさんが脱退とのことですが、バンド自体はそのまま継続されるとのこと。その日のLIVEはとても感情が揺れ動かされた。

 

  • Sissy Spacek/Ways of Confusion 

John Wiese率いるグラインド/ノイズユニットの2018年作。これ、みちのくさんが絶賛していたので、Spotifyで聞いたらぶっ飛んだ。それで速攻アナログ買って再生したらさらにぶっ飛んだ。ノイズグラインドっていうか初期カーカスのグチャドロ感を引き継いだゴアグラインド。順不同といいながら今年一枚選べといわれたらコレじゃないでしょうかね。

  

ドローン/アンビエントエレクトロニカ Tim Heckerが東京の雅楽団体と共同作業で制作した2018作。前作があまり好みではなかったのですが、こちらはイントロから完全に掴まれた。今年の来日いけなかったのが残念だったが、また次回作のときにかけつけたいところ。

 

映画『リズと青い鳥』のサントラ。山田尚子絡みであると『聲の形』から引き続いて牛尾憲輔続投となったわけですが、映画にとってなくてはならない存在になった。サントラのみで聴いても「ズレ」がたいへん素晴らしい。聴きながら歩いているとまるで『リズと青い鳥』の世界に入ってしまったかのような感覚に——。

  

  • KUGURIDO/2018DEMO 

姫路のネオクラストKUGURIDOの2018demo。ネオクラストっつーかRAWパンクって感じで大変素晴らしいdemoっす。demoでいちばん聴いた。

 

  • Granule,KLONNS/split Discipline 

www.youtube.com

東京の最前線を突っ走るハードコアパンクGranuleとKLONNSの7インチスプリット!ノイズのまま突っ走り、ドス黒い粒子が身体をマシンガンのように打ちつけてくるようなサウンド。今年のスプリット部門ではCOFFINS,SECOND TO NONEとともによく聴いていた。

 

  • Earthless/Black Heaven 
BLACK HEAVEN

BLACK HEAVEN

 

アメリカのインストゥメンタルロックバンドEarthlessの4th。といっても本作『ブラックヘヴン』からヴォーカルを取り入れた野心作になっている。私的にはヴォーカルなしがアースレスのよさだったと思うので、聴き始めは困惑したのだけどなれるとこれはこれでありだなーといった結果に。サイケ系が好きな人はマストアイテムっす。

 

  • Brainoil/Singularity to Extinction 

今年来日を果たした カルフォルニアの暗黒スラッジコアBrainoilの3rd。暗黒スラッジとクラストのリズムを持っていて大変素晴らしい。スラッジつながりだと来年はEYHATEGODも来日しますしね。スラッジ界隈が盛り上がってくれるといいっすね。

音源ベストはこのような感じで。あとよく聴いたのはこの辺りかな。Scorchedは今年のデスメタルベストじゃないすかね。 

  • Archgoat/The Luciferian Crown
  • SEX MESSIAH/EASTERN CULT OF SODOMY
  • Scorched/Ecliptic Butchery
  • 宇多田ヒカル/初恋
  • Gate/Resurrection Of Relentless God
  • BLACK GANION/Third
  • ENDON/Boy Meets Girl
  • PALM/TO LIVE IS TO DIE, TO DIE IS TO LIVE
  • COFFINS,SECOND TO NONE/Nine Cocoons Of Dens To F
  • ilska/Demon 201H8

 

最後にライヴベストで今年の音楽〆。簡単にコメントします。

  • JESUS PIECE(12/15,渋谷GARRET) 
  • ilska(11/17,小岩Bushbash)
  • CONVULSE(10/28,浅草Gold Sounds)
  • UHONLY GRAVE(10/27,浅草Gold Sounds)
  • Monarch!(10/14,高円寺 二万電圧)
  • Smash Your Face(9/8,新代田FEVER)
  • Second to None(7/28,中野MOONSTEP)
  • COFFINS(7/28,中野MOONSTEP)
  • 坂本真綾(3/10,大阪国際会議場メインホール)
  • 水樹奈々(1/14,日本武道館

JESUS PIECEは今年出した『オンリーセルフ』もよかったですが、LIVEでみるとさらにというかとんでもないバンドで本当にびっくりした。彼ら音楽が本当に大好きのようで他のバンドがLIVEしている間もフロアにいてモッシュかましてた。ヴォーカルのアーロンのモッシュはまじでやばい。COFFINSをめちゃくちゃ楽しそうに聴いててよかったなー。岡山のilska!初めてみたんだけど、これも音源以上に激ヤバ。ギター3人なんだけど、単に音圧だけの問題ではなく3人いてilskaが成立しているかのようなサウンドでよかった。CONVULSEオールドスクールデスメタル!!ニコニコしながらアナログ持っていたらKrueltyのメンバーに1stのB面の1曲目好きっす!といわれながらフライヤーを渡された(笑)UNOHOLY GRAVEは単なるファンですが、東京でRAWグラインド聴けてよかった。グラインド神やっぱやべーなって。Monarch!男女ヴォーカルの音の絡み合いと重低音がカオスな次元に持って行ってくれた。最高。Smash Your Face初めて見たんですが、今年見たLIVEでいちばん楽しかった。second to nonecoffinsはツーマンショー(Krueltyも出ていたのでスリーマンか)でロングセットを堪能。いうことないっすね。完璧。坂本真綾さん単なるファンですが、セトリよかったですし、お綺麗でしたね。水樹奈々はオープニングでいきなりハーレー乗って出てきたのには笑った。谷山紀章さんとのコラボ最高によかった!