つぶやきの延長線上 second season

映画、アニメーション、音楽のこと

ジェームズ・マンゴールド『フォードvsフェラーリ』

地面スレスレに設置されたカメラ、ドライバーの顔に次ぐ顔。エンジンが回転数を上げトップスピードに。視界は不明瞭となり、気がつくと病院のベッドの上だ。「もう、心臓がもたない」と告げられたマット・デイモンは車に乗り込みフルスピードで病院を後にする。数分のうちに車を運転する姿が何度映されたであろうか。『フォードvsフェラーリ』では、ル・マンでのレースの他にも幾度となく車を運転するシーンが見受けられるが、車=ある目的地点に「移動」することという本来の車の持つ機能から距離をとっている。タイトルから刻まれているように「vs」闘いの映画である(といってもこのタイトルは正直なところダサくないかとは思う)。

フォードによるフェラーリ買収さわぎからもわかるように、確かにフォードとフェラーリによる闘いなのではあるが、実のところこの映画で戦っているのは、ル・マンに挑むマット・デイモンクリスチャン・ベールなのである。クリスチャンベールはドライバーなのでもちろんのこと、自家用ジェットでマスタング新作発表のイベントに登場するマット・デイモンが操縦を変わって、ハラハラドキドキさせるところを思い出されたい。彼が運転するシーン、特に印象に残るのはヘンリーフォード2世を乗せて運転するシーンではないだろうか。それにクリスチャンベールにしかり、彼が妻に内緒でル・マンへの参加を迷っていると彼女はそれを見抜き、車を全速力で走らす。車の持つ本来の「移動」といった機能はさておいて——エンジンの回転数が繰り返し注目を浴びるように——心拍数を劇的に上昇させる機能に徹している。また、クリスチャンベールの妻が現れる瞬間は「映画的」*1な瞬間であった。

「移動」という本来の意味から距離をとると書いたが、クリスチャンベールがフランスへ行くときにはバスの中で外を伺う様子が映されており、そこでは確かに「移動」であった。だが、この前のシーンで彼は息子を寝かしつける際に、フランスに行く時間になったら「起こす」と約束している。しかし、そのシーンは省かれ次のショットはクリスチャンベールがバスの中で外を伺いショットである。この外の様子を伺うショットは、一見するとまるで彼がうなだれているか、寝ているかのように見える後方からのショットで示される。息子を寝かしつける——そして起こす言葉がある——ショットから、誰かが寝ている(ような)ショットで思わず、ハッとさせるシーンを演出している。また、彼がホテルの場所を現地の人に聞くことで「言葉の通じなさ」が浮上し、そこは確かにフランスであると、いつの間にかに移動している、と行ったことを一連のショットで繋げることで理解させる。上/下といった主題も繰り返されるが、ここでは長くなるのでやめておこう。最後、マット・デイモンとクリスチャンベールの息子とのやり取りは蛇足というか、省いてもよかったのではないかとも思う。ただ、多くのアメリカ映画が帰還することを幾度となく描いていたことからも、スパナを息子に託したのは悪くなかったのかもしれない。マット・デイモンが幾度となくハットを被っていたことも西部劇への目配せだったりするのであろうか。

*1:ここでの「映画的」とは映画によく見られる瞬間的なこと。また、そこになぜ現れた=意味が不明瞭でも映画が進んでしまうこと。あっと「驚く」こと。もちろん意味はすぐ後になってわかる。演技である。