つぶやきの延長線上 second season

映画、アニメーション、音楽のこと

アニメクリティーク刊行会『アニクリvol.10「特集 総記:京都アニメーション」』への寄稿について

告知です。2019冬コミ(C97)12月30日、三日目南3ム14bにて刊行される、アニクリvol.10に論考(のようなもの?)とコメントをひとつ寄稿させて頂きました。

nag-nay.hatenablog.com

f:id:paranoid3333333:20191228234823p:plain

論考(のようなもの)『匿名希望の手紙』では、『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』に触れていますが、作品論ではありません。タイトルは本年リリースされたkillieの『匿名希望の手紙』から着想を受けました。ある事件とあるアニメとある音楽が、予想もつかないクロスオーヴァーをしてしまうこと。「今」でしか書けないことを書いたつもりです。作品論ではないので、いつもの文章とは少し雰囲気が違うかもしれません。

また、コメント『アニクリvol.4.6への手紙』では、アニクリ4.6の形態について触れて「所有」することについて書いています。

今回は私も過去寄稿させて頂いたこともある、PRANK!チームがグロス請されているとのことで、PRANK!チームのページもあるようですね。当日寒そうですが、暖かい格好で風邪をひかないように気をつけてください。ではまた。