つぶやきの延長線上 second season

映画、アニメーション、音楽のこと

映画雑記02

各作品ごとに1記事書くのが困難と思うようになってきた。それ以上に映画に対して何かを書くといったことがツイッターの文字数でも難しい。おそらく時間が解決することなんだろうと思いながらキーボードを叩く。ところで何かを書くならキーボードがベストだ。フリック操作で物事を思考して作業があまり向いていない。どちらかというと単純な処理の役割。メモ用途や何も考えないで頭の中のことをさらっとアウトプットすることに長けているんだと思う。それは私が慣れていないだけかもしれないが、キーボードは思考にゆとりを与えてくれる。こいつはいつまでたっても手放せない代物。

この間フォロイーさんが万田の『Unloved』海外盤が10ユーロくらいだよーとおっしゃっていたので、ついポチッとしてしまった。『Unloved』は学生時代に見たきり、ほとんど記憶になかったので再見したかったのだが、渋谷ツタヤ(まだあるのかな)にいって借りるのはめんどくさいし、Kプラスで借りると送料もかかるしなどと億劫になっていたときに10ユーロくらいならありかな〜と思い購入。円換算で送料込みで2,000円ちょいだったかな。

ということで見たのだけど、主題に対して的確なショットの連発。あのアパートの撮影とか、主演が膝から崩れ落ちるホームラン級のショットとかやっぱりすごいなと思った。ただ『SYNCHRONIZER』と同様にどこか苦手な映画だったのも事実。この違和感は自分でもわからないんだけど、『接吻』にはこの違和感がない。なんだろうか? といって考えてもわからないので今度『接吻』を見直そう。

連休中『ヘレディタリー/継承』とか『アンダー・ザ・シルバーレイク』を見たんだけど、これがどちらも面白くなかった。どちらもA24なんだけど、ここの作品は『ア・ゴースト・ストーリー』や『ロブスター』、『グッド・タイム』、『スプリング・ブレイカーズ』、『フロリダ・プロジェクト』(かなり惜しいが)以外は外している印象。文フリで回収したエクリヲでA24特集がされてた。それもあったりして前々から気になっていた『レディ・バード』をアマゾンプライムで見たんだけど、これが当たり。ちょっとやんちゃな女の子の青春映画で物語的にいえばどってこのない、いたってどこにでもありそうな映画だけど、バッサバサ編集で切っていくところが心地いい。ハッとするショット(編集で生まれている)が多数あってよかった。最後も後腐れなく空港から出発して(ここ母親視点だけ)、向こうについたらバーで飲みすぎちゃって飲みすぎでダウン。帰り道に今日は何曜日?って通行人にナチュラルに聞くところや、車の運転シーンが挟まるところがグッときた。

接吻 デラックス版 [DVD]

接吻 デラックス版 [DVD]

 
ヱクリヲ vol.10 特集I 一〇年代ポピュラー文化――「作者」と「キャラクター」のはざまで 特集II A24 インディペンデント映画スタジオの最先端

ヱクリヲ vol.10 特集I 一〇年代ポピュラー文化――「作者」と「キャラクター」のはざまで 特集II A24 インディペンデント映画スタジオの最先端

  • 作者: 高井くらら,横山タスク,伊藤元晴,山下研,さやわか,西兼志,得地弘基,難波優輝,楊駿驍,横山宏介,堀潤之,小川和キ,伊藤弘了,佐久間義貴,村井厚友,福田正知
  • 出版社/メーカー: エクリヲ編集部
  • 発売日: 2019/05/10
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 
レディ・バード (字幕版)

レディ・バード (字幕版)