つぶやきの延長線上 second season

映画、アニメーション、音楽のこと

ファン・アンティン『パチャママ』

遅くなったがTAAFで見た『パチャママ』を簡単に。TAAF2019長編コンペでいちばんシンプルに「映画」を目指した作品だったに違いない。村の財宝が奪われ、それを奪い返すために追いかけ、奪還、そしたら今度はまた奪われないように追ってから逃げる…といったマクガフィンで運動が転がっていく感じが面白い。

それと田舎から雲海を経て都市への移動。そして水路から地下への落下、橋から馬が落ちる(橋があったら落ちるのが映画)、悪人は地割れで落下する、主人公は落下しても浮上する…といった上下の演出といいシンプルかつ素早い映画を目指していて好感が持てた。地下でのライティングの演出とか、走り去る伝言男とか細部が豊か。

TAAFでは過去長編コンペの『ロング・ウェイ・ノース』(2015)も見れたのだけど、そちらもマクガフィンで転がしていくタイプの映画で面白かった。『パチャママ』は今度Netflixにて公開らしいので、アニメーションファンならずも映画ファンは見て損がない。