つぶやきの延長線上 second season

映画、アニメーション、音楽のこと

「アニクリvol.9.0 監督 山田尚子総特集号」への寄稿及び「アニクリvol.6.5 βペンギン・ハイウェイ/文字と映像(序)」への再掲について(冬コミC95)

今年も早いもので師走です。告知ですが「アニクリvol.9.0 監督 山田尚子総特集号」へ『天使にふれるために——山田尚子論』を寄稿しました。

nag-nay.hatenablog.com

山田尚子監督作以外にも参加作品を参照しながら、主題を抽出して書いた作家論になっています。1章では彼女の操る「道具」を媒体としたコミュニケーションに着目し、2章では「触覚的需要」をヒントに、3章では山田尚子に固有の触覚的なモノについて書いております。

作り物であるアニメーションについてどうしてこうも私たちはショックを受けるのか(まるで画面からキャラクターが飛び出してくるように感じるのか)。そんなことを「触覚」をキーワードに論じています。私は『たまこまーけっと』が山田尚子で一番好きな作品なので触れているのは一番多いかと。基本的に前に書いたブログ記事が土台になっています。

paranoid3333333.hatenablog.com

paranoid3333333.hatenablog.com

それと前回「アニクリ6.6」で書いた拙稿(「『続・終物語』は何度も編集される」)が「アニクリ6.5β」に再掲載されるようで、こちらも冬コミで発刊とのことです。

こちらの内容は前回のブログ記事をご確認ください(以下)。ということで告知でした。

paranoid3333333.hatenablog.com